米国株 ポートフォリオ

【米国株】2020年9月末時点のポートフォリオ

投稿日:

9月も無事に終わりましたね。

10月早々に、トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染した事が明かされ、週明けからの市場動向が気になるところです。

それでは、早速2020年9月末時点のポートフォリオです。

2020年9月末時点ポートフォリオ

セクター分類は下記の通りです。(インデックスファンド含む)

インデックスファンド(楽天VTI)を中心に据えて、個別株で高リターンを狙います。

前月に比べ、通信セクターが増えました。

9月購入銘柄

2020年9月はAT&T【T】を購入しました。直近のチャートはこちら。

AT&T Inc.(エイ ティ アンド ティ)は、アメリカ合衆国の情報通信・メディアコングロマリットで企業です。

通信はもちろん、メディア企業のワーナーメディアを傘下に収めている他、子会社を通じて、固定電話、携帯電話、インターネット接続、データ通信、情報通信システムに係るビジネスソリューションの提供、IP放送、衛星テレビ、ケーブルテレビ、テレビ番組の製作・配信、映画の製作・配給、出版、デジタル・ターゲッティッド広告等の事業を行なっています。

5G時代が本格的になっていく今、将来的な展望も明るいと思い購入に至りましたね。

株価も直近は低迷していますが、長期的には回復してくれると思いますので、しばらくはホールドです。

(まぁ、これはOxfordインカムレターからのアイディアなのですが。笑)

さて、最後に投資方針を書いて終わります。

絶対守る投資のルール

①1銘柄の投資金額は4%まで

この4%ルールはOxfordインカムレターにて紹介されており、実践予定です。

②投資銘柄総数は20銘柄まで

これは独自ルールですが、やはり自分が理解できる銘柄数は20社と考えました。

理由は明確には無いのですが、手足の指合わせて20本であり、人間として同時に動かすにはこれが上限なのかなと思っています。笑

慣れてきたらもう少し増やします。

ポートフォリオ方針

今後のポートフォリオの方針を、以下の3つのように定めました。

①インデックスファンドで50%を構成

②生活必需品/ヘルスケア/エネルギーの3セクターで30%を構成

③ETFで5〜10%を、その他高配当株で10~15%を構成

あくまでも主軸はS&P500等に連動したインデックスファンドとして、その他を高配当株で補足して高リターンを獲得する予定です。

まだ理想としているポートフォリオとは乖離があるので、これから複数回の新規投資・追加投資を経て、リバランスしていこうと考えています。

さて、来月はどのようなポートフォリオになっているでしょうか。

p.s.

もうこちらの登録は済みましたか?

今なら無料レポート「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」をもらう事ができます。

銘柄選びの参考になりますよ。

p.p.s

短期的な株価上昇を狙う投資をしたい方はこちらがおすすめ。

今、仕込んで2〜3年後に株価10倍が狙える日本人が知らない3つの米国株

のレポートを今なら無料でゲットする事ができます。

-米国株, ポートフォリオ

執筆者:

関連記事

【米国株】2020年10月末時点のポートフォリオ

10月が終わりました。今年も早いものであと2ヶ月。 11月はアメリカの大統領選挙から幕が開けます。トランプ・バイデン、どちらになるのか、非常に注目しています。 いずれにしても、米国株への投資は止める事 …

【29ヶ月目】楽天証券で積立Nisa実施!

楽天証券の積立NISAを実行致しました。今回で29ヶ月目です。 現在は、楽天VTI(楽天・全米株式インデックス・ファンド)を積み立てています。 楽天証券では、クレジットカード決済が可能ですので、私もク …

企業分析フォーマットを作成中。銘柄分析を効率よく簡単に!

先輩米国株ブロガーの皆様を見習い、現在企業(銘柄)分析のフォーマットを作成しています。 財務関連の分析はもちろん、定性情報も含めた分析をできればと考えております。 そこで参考にしているのが、下記の本。 …

マクドナルド(MCD)は買いか否か?

2日のNYダウ株式市場は前日比ー70.92ドル(ー0.29%)安の2万4538.06ドルとして取引を終えました。 アメリカのトランプ大統領が、鉄鋼とアルミにそれぞれ関税を課すと発言したことから、アメリ …

【NYダウ史上最大の暴落】投資家が守るべき事

世界の株式市場が荒れています。 特に米国市場においては、ダウ工業株30種平均が前週末比2013ドル安の2万3851ドル(▲7.79%)で終え、下げ幅は過去最大を記録しました。 リーマンショックを超えて …