米国株

エイリス・キャピタル【ARCC】より配当金受領(2020年第2四半期)

投稿日:2020年7月4日 更新日:

エイリス・キャピタル【ARCC】より配当金を受領致しました。

下記が直近のエイリス・キャピタル【ARCC】のチャート図です。

高配当で有名なエイリス・キャピタル【ARCC】ですが、今回は減配もなく支払われました。

配当概要は以下の通り。

DIVIDEND YIELD (FWD)
ANNUAL PAYOUT (FWD)
PAYOUT RATIO
5 YEAR GROWTH RATE
DIVIDEND GROWTH
11.05% $1.60 99.14% 1.44% 2 Years

配当利回りは、驚異の11.05%となっている一方、配当性向は99.14%となっています。

エイリス・キャピタルのようなBDC(Business Development Company-ビジネス・ディベロップメント・カンパニー/米国で中堅企業や新興企業等の事業を、金融・経営面で投融資する投資会社)は、

利益の90%以上を投資家へ配当として分配することで税金の免除があるため高配当、そして高い配当性向となっています。

この点はREITとも似ていますね。

BDCという業界がまだ日本には無いですが、ベンチャーキャピタル+バイアウトファンドのようなイメージなのでしょうか。

エイリス・キャピタル【ARCC】は、5月に購入したばかりなのですが、こうも早く配当金が振り込まれるのは非常に嬉しいですね。

ネット上でも非常に賛否両論分かれる銘柄ですが、個人的には気に入っている銘柄です。

エイリス・キャピタル【ARCC】の支援先は、セクター毎に分散されており、今回のコロナショックで悪影響を受ける企業もあれば、反対に収益をあげる企業も含まれています。

今回のコロナショックで確かにエイリス・キャピタル【ARCC】の株価は暴落しました。

が、長期的な目線で考えれば、調整の範囲内と考えます。

下記が2005年から見たエイリス・キャピタル【ARCC】の長期チャートです。

どうでしょうか。

今回のコロナショックなんて、微々たるもの。

何よりも2008年のリーマンショックを乗り切った経験と実績がある事、そしてその後順調に業績を伸ばし、株価も大幅にあげている事を考慮すると、

エイリス・キャピタル【ARCC】の将来にかけてみたくなります。

とはいえ、コロナショックのようなイベントがあると、真っ先に影響を受ける銘柄であり、今後も暴落する可能性は秘めているため、

高配当銘柄の1つとして位置付け、ポートフォリオの中でも一定比率を保ちながら、今後もエイリス・キャピタル【ARCC】を追加投資予定です。

あー次回の配当が待ち遠しい。笑

p.s.

もうこちらの登録は済みましたか?

今なら無料レポート「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」をもらう事ができます。

銘柄選びの参考になりますよ。

p.p.s

短期的な株価上昇を狙う投資をしたい方はこちらがおすすめ。

今、仕込んで2〜3年後に株価10倍が狙える日本人が知らない3つの米国株

のレポートを今なら無料でゲットする事ができます。

-米国株

執筆者:

関連記事

コカ・コーラ【KO】より配当金受領(2020年第2四半期)

コカ・コーラ【KO】より配当金を受領致しました。 下記が直近のコカ・コーラ【KO】のチャート図です。 コカ・コーラ【KO】配当の概要 DIVIDEND YIELD (FWD) ANNUAL PAYOU …

エイリス・キャピタル【ARCC】より配当金受領(2021年第1四半期)

エイリス・キャピタル【ARCC】より配当金を受領致しました。2021年に入って初めての配当金受領です。 下記が直近のエイリス・キャピタル【ARCC】のチャート図です。 高配当で有名なエイリス・キャピタ …

米国株長期投資を始めたきっかけ

2017年の夏頃から米国株投資を始めました。 きっかけは多くの米国株投資家がおすすめしている名著、 「株式投資の未来 / ジェレミー・シーゲル」を読んだことです。 株式投資の未来 永続する会社が本当の …

【米国株】再生可能エネルギー銘柄への投資は、今後魅力的なものになるか?

米国株投資情報サイトMotleyFool(モトリーフール)にこんな記事が出ていました。 【米国株動向】定年退職者向け配当銘柄3選 定年退職者向けと書いてありますが、十分現役世代向けでも参考になる内容で …

【32ヶ月目】楽天証券で積立Nisa実施!

楽天証券の積立NISAを実行致しました。今回で32ヶ月目です。 現在は、楽天VTI(楽天・全米株式インデックス・ファンド)を積み立てています。 楽天証券では、クレジットカード決済が可能ですので、私もク …