米国株

バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイ【BRK】 航空株を全て売却!

投稿日:

5月2日にウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイ【BRK】が年次株主総会を開催しました。

その中で、バフェット氏は新型コロナウイルスの感染拡大によって「世界は変わる」と指摘し、保有する米4大航空会社の株式を全て売却した事を明かしました。

またバフェット氏は、航空事業が根本的に変容したとも指摘しました。

元記事はこちら。

「バークシャー、米4大航空会社の株式全て売却-バフェット氏明かす」

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-03/Q9QA3JDWLU6901

今回のタイミングで一気に航空株のポジションを整理できるバフェット氏さすがですね。

ここまで即座に損切りできるのかと。

それで、少し気になったのでバークシャー・ハサウェイ【BRK】のポートフォリオに締める航空株の割合をgurufocusで調べて見ました。

下記が2019年12月末時点で保有していた航空株と保有比率です。

  • デルタ航空【DAL】:1.71%
  • サウスウエスト航空【LUV】:1.20%
  • ユナイテッド航空【UAL】:0.80%
  • アメリカン航空【AAL】:0.50%

合計:4.21%

ポートフォリオに占める割合は、約4%程度である事がわかりました。

この程度であれば今の段階で損切りを行う方が、ダメージを最小限に抑える事ができる可能性が高いですね。

航空株への投資は「私のミスだ」と、バフェット氏は語っています。

あのバフェットでもミスをするのか・・・と思ってしまいますが、それが株式市場の魅力であり、難しさであるという事を改めて感じました。

実際、航空株への投資はどうなの?

最近の株価下落を受けて、日本航空やANAへの投資を検討している所でした。

米国株への投資を主軸としつつも、収入の分散化を行うために、クラウドバンクFundsといった貸付型投資を活用してミドルリスクミドルリターンを狙う事や、日本株への投資も行っていこうと考えていたためです。

その候補の筆頭が航空関連株である日本航空とANAだったんですね。

コロナウイルスの影響を直に受けている2社は、2019年度末の配当も無配とする事を既に発表しています。

でも、この2社が日本から無くなる事は現実的に考えらず、最悪の場合政府の救済もあるだろうし(実際に日本航空は支援を受けているし)、長期的に事業も立ち直り、株価も回復してくると思っています。

とはいえ、経済が完全に立ち直るまでは数年かかるという見込みもあり、いずれにしても先行きが見通せないのも事実です。

あーどうしよ。。。

バフェットは航空株を全部売却したのに、ここで新たに航空株を買うのか。。。

投資金額の1%程度を上限にして、投資すべきか検討します。

p.s.

もうこちらの登録は済みましたか?

今なら無料レポート「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」をもらう事ができます。

銘柄選びの参考になりますよ。

p.p.s

短期的な株価上昇を狙う投資をしたい方はこちらがおすすめ。

今、仕込んで2〜3年後に株価10倍が狙える日本人が知らない3つの米国株

のレポートを今なら無料でゲットする事ができます。

-米国株

執筆者:

関連記事

ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】より配当金受領(2020年第4四半期)

ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】より配当金を受領致しました。 下記が直近のJNJのチャート図です。 気づけばもう150ドルを超えていたのですね。 このブログを書くために、久しぶりに株価を見まし …

【24ヶ月目】楽天証券で積立Nisa実施!

楽天証券の積立NISAを実行致しました。今回で24ヶ月目です。 現在は、楽天VTI(楽天・全米株式インデックス・ファンド)を積み立てています。 楽天証券では、クレジットカード決済が可能ですので、私もク …

【14ヶ月目】楽天証券で積立Nisa実施!

楽天証券の積立NISAを実行致しました。 今回で14ヶ月目です。 早いものであっという間に積立NISAを始めてから1年以上が経過しました。 現在は、楽天VTI(楽天・全米株式インデックス・ファンド)を …

ラザード【LAZ】より配当金受領(2021年第2四半期)

ラザード【LAZ】より配当金を受領致しました。 下記が直近のラザード【LAZ】のチャート図です。 50日移動平均線に沿って、上昇傾向に入ってきました。 ラザード【LAZ】は今年5月に購入したばかりの銘 …

【保存版】Yahoo financeの英単語まとめ

企業の業績・各種指標等をチェックするには、Yahoo financeのStatisticsが非常に便利です。 とは言え、英語が苦手な方にとっては知らない英単語や略語があるため、少し読むのに抵抗がありま …