米国株

マクドナルド(MCD)は買いか否か?

投稿日:2018年3月3日 更新日:

2日のNYダウ株式市場は前日比ー70.92ドル(ー0.29%)安の2万4538.06ドルとして取引を終えました。

アメリカのトランプ大統領が、鉄鋼とアルミにそれぞれ関税を課すと発言したことから、アメリカ・日本ともに株安となっております。

【ダウ平均:日足】

日経平均も21,181円と、前日比542円安(-2.50%)で取引を終えています。

そんな中、次に買いたいリストの中で大幅に株価を下げている銘柄がありました。

それがマクドナルド(MCD)です。

マクドナルドは買いか?

【マクドナルド(MCD):日足】

マクドナルドが3日続けての下落となり、2日の終値は前日比ー7.43ドル(ー4.77%)安の148.27ドルとなりました。

26日(月)の最高値が163.71ドルだったので、1週間で15.44ドル下げた事になります。

マクドナルド保有者にとっては非常に辛い1週間になってしまいましたね。

マクドナルドは現在、フランチャイズ化の推進を進めており改革の真っ最中です。

直近の業績も文句無しの内容なのですが、やはり買われ過ぎではないか?という感じが否めません。

直近のマクドナルドのPERは23.29。アメリカNYダウの2018年2月の平均PERが16.83ということを考慮すると少し割高です。

現在の予想配当利回りは2.59%です。

最近の米国債金利の上昇で、5年物米国債の利回りが2.63%まで上昇していることを考えると、

キャピタルゲインもそれほど望めないマクドナルドに投資をするのは、少し控えた方が良さそうです。

週明けのマーケットでは反発が予想されますが、200日移動平均線を完全に割り込んだことから、本格的な下落場面へと入ったことが予想されます。

p.s.

もうこちらの登録は済みましたか?

今なら無料レポート「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」をもらう事ができます。

銘柄選びの参考になりますよ。

p.p.s

米国株投資専門の月刊誌「Oxfordインカム・レター」が今なら30日間お試しができます。

配当による収入(インカムゲイン)だけで生活できるようになる」をコンセプトに良質な米国株情報を提供してくれますよ。

私も現在購読中です。

申し込みから30日間、無条件返金保証が付いているので安心してお試しが可能です。

-米国株

執筆者:

関連記事

コカ・コーラ【KO】より配当金受領(2020年第2四半期)

コカ・コーラ【KO】より配当金を受領致しました。 下記が直近のコカ・コーラ【KO】のチャート図です。 コカ・コーラ【KO】配当の概要 DIVIDEND YIELD (FWD) ANNUAL PAYOU …

【4ヶ月目】楽天証券で積立Nisa実施!

楽天証券の積立Nisaを実行致しました。 今回で4ヶ月目です。 現在は、楽天VTIを積み立てています。 今年の計画は以下の通り。 月 積立金額(円) 4月(済) 26,666 5月(済) 26,666 …

【米国株】2020年11月末時点のポートフォリオ

11月が終わりました。 結局この記事を書いているのが、12月中旬なので、もう半月で今年も終わりです。 今年はコロナ、コロナ、コロナ、で終わる1年となりそうです。 冬になって感染拡大傾向です。連日、感染 …

【MCD分析】世界最大のフードチェーンマクドナルドの銘柄分析

世界最大のフードチェーン マクドナルド【ティッカー:MCD】を分析しました。 購入候補先の1つです。 データソースは、moringstarとYahooファイナンスです。 企業概要 概要 マクドナルドは …

【VZ分析】アメリカ最大手の通信会社ベライゾンを分析してみた。

アメリカ最大の通信会社ベライゾン【ティッカー:VZ】を分析しました。 高配当銘柄として人気の企業で、以前行ったAT&Tとともに購入候補先です。 データソースは、moringstarとYahoo …