米国株

資産形成の目標設定に便利!モーニングスターの金融電卓は必須ツール。

投稿日:2018年3月21日 更新日:

資産形成の目標設定をする際に、超絶便利なツールがあります。

それがモーニングスターが提供している「金融電卓」。

下記5つの計算方法があります。

①運用ー利回りー

手元にあるまとまったお金を毎月一定の金額で積み立てて、一定の期間運用していった場合、目標額を達成するためにはどの位の利回りが必要であるかを計算します。

例えば、100万円を元手に、毎月5万円を30年間運用して、1億円とするには、8.8%の運用利回りが必要、という結果が得られます。

②運用ー積立金額

目標を達成するためには、どれくらいの期間、どれくらいの利回りで、毎月いくらずつ積み立てていく必要があるかを計算します。

例えば、100万円を元手に、30年間5%で運用して、1億円とするには、毎月114,100円の積立が必要、という結果が得られます。

③取崩しー受取期間ー

手元にあるまとまったお金を毎月一定の金額を取り崩していった場合、どの位の期間もつかを計算します。

例えば、5,000万円を毎月30万円取り崩して、5%の想定利回りとした場合、受取期間は23年9ヶ月という結果が得られます。

④取崩しー受取金額ー

手元にあるまとまったお金を、毎月一定の金額ずつを取り崩して一定の期間もたせる場合、毎月どの位取り崩せるかを計算します。

例えば、5,000万円を30年間取崩して、5%の想定利回りとした場合、26万8,000円を毎月受取れるという結果が得られます。

⑤取崩しー利回りー

手元にあるまとまったお金を、毎月一定の金額ずつを取り崩して一定の期間もたせる場合、どの位の利回りが 必要であるかを計算します。

例えば、5,000万円を毎月30万円ずつ、30年間取崩す場合、6%の想定利回りが必要、という結果が得られます。

まとめ

目標設定やシミュレーションをする際に、パッと手軽に計算できるツールなので、重宝しますね!

今後も金融電卓を使って、シミュレーションを行っていきたいと思います。

-米国株

執筆者:

関連記事

米国株長期投資を始めたきっかけ

2017年の夏頃から米国株投資を始めました。 きっかけは多くの米国株投資家がおすすめしている名著、 「株式投資の未来 / ジェレミー・シーゲル」を読んだことです。 株式投資の未来 永続する会社が本当の …

ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】より配当金受領(2020年第2四半期)

ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】より配当金を受領致しました。 下記が直近のJNJのチャート図です。 コロナショックから1ヶ月程度で回復し順当に株価をあげています。 直近では第2波を警戒して、一 …

ウェルズ・ファーゴ【WFC】より配当金受領

ウェルズ・ファーゴ【WFC】様、いつもありがとうございます。 昨日配当金を受領いたしました。本当にわずかな額ですが。 先日、zuu onlineで「配当金を多く払っている海外企業ランキング20」が発表 …

【4ヶ月目】楽天証券で積立Nisa実施!

楽天証券の積立Nisaを実行致しました。 今回で4ヶ月目です。 現在は、楽天VTIを積み立てています。 今年の計画は以下の通り。 月 積立金額(円) 4月(済) 26,666 5月(済) 26,666 …

フィリップモリス【PM】より配当金受領

フィリップモリス【PM】より配当金を受領しました。 直近の株価推移は以下の通り。 新型コロナウイルスにより、3月末の下落は非常に辛いものでした。 ただ、耐えました。売らずに耐えました。 それは、こんな …