米国株

資産形成の目標設定に便利!モーニングスターの金融電卓は必須ツール。

投稿日:2018年3月21日 更新日:

資産形成の目標設定をする際に、超絶便利なツールがあります。

それがモーニングスターが提供している「金融電卓」。

下記5つの計算方法があります。

①運用ー利回りー

手元にあるまとまったお金を毎月一定の金額で積み立てて、一定の期間運用していった場合、目標額を達成するためにはどの位の利回りが必要であるかを計算します。

例えば、100万円を元手に、毎月5万円を30年間運用して、1億円とするには、8.8%の運用利回りが必要、という結果が得られます。

②運用ー積立金額

目標を達成するためには、どれくらいの期間、どれくらいの利回りで、毎月いくらずつ積み立てていく必要があるかを計算します。

例えば、100万円を元手に、30年間5%で運用して、1億円とするには、毎月114,100円の積立が必要、という結果が得られます。

③取崩しー受取期間ー

手元にあるまとまったお金を毎月一定の金額を取り崩していった場合、どの位の期間もつかを計算します。

例えば、5,000万円を毎月30万円取り崩して、5%の想定利回りとした場合、受取期間は23年9ヶ月という結果が得られます。

④取崩しー受取金額ー

手元にあるまとまったお金を、毎月一定の金額ずつを取り崩して一定の期間もたせる場合、毎月どの位取り崩せるかを計算します。

例えば、5,000万円を30年間取崩して、5%の想定利回りとした場合、26万8,000円を毎月受取れるという結果が得られます。

⑤取崩しー利回りー

手元にあるまとまったお金を、毎月一定の金額ずつを取り崩して一定の期間もたせる場合、どの位の利回りが 必要であるかを計算します。

例えば、5,000万円を毎月30万円ずつ、30年間取崩す場合、6%の想定利回りが必要、という結果が得られます。

まとめ

目標設定やシミュレーションをする際に、パッと手軽に計算できるツールなので、重宝しますね!

今後も金融電卓を使って、シミュレーションを行っていきたいと思います。

-米国株

執筆者:

関連記事

ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】より配当金受領(2018年第2四半期)

ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】より配当金を受領致しました。 下記が直近のJNJのチャート図です。 50日移動平均線がズルズルと下降しています。 おかけで、配当利回りも2.94%と3%も見えて …

【米国株】あまり知られていない高配当銘柄3選

米国株投資情報サイトMotleyFool(モトリーフール)にこんな記事が出ていました。 【米国株動向】コカ・コーラよりも優れた3つの配当株 私も保有しているコカ・コーラよるも優れた3つの配当株とは何で …

【米国株】コロナウイルス関連のおすすめ3銘柄

新型コロナウイルスの感染拡大が未だ止まりません。アメリカでは第2波とも思える感染者数の伸びを示しており、日本でも東京を中心に新規感染者数が増加傾向です。 県をまたぐ移動制限も解除されて、きっとこの増加 …

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」が面白い件

マクドナルド(MCD)の創業を描いた映画、 「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」を見ました。 投資方針にもある通り、今後マクドナルドの新規購入を考えている者としてはぜひとも見ておきたい映画でした …

【14ヶ月目】楽天証券で積立Nisa実施!

楽天証券の積立NISAを実行致しました。 今回で14ヶ月目です。 早いものであっという間に積立NISAを始めてから1年以上が経過しました。 現在は、楽天VTI(楽天・全米株式インデックス・ファンド)を …