米国株

ウォーレン・バフェットに投資で勝つ方法

投稿日:2018年3月6日 更新日:

3月5日のウォールストリートジャーナルにこんな記事が出ていました。

バフェット氏の苦悩、「大きすぎて勝てない」

下記、主要なポイントを引用します。

2008年〜2017年のバークシャーの年平均リターンは7.7%で、S&P500種指数の8.5%(配当含む)を0.8ポイント下回った。

もっとも、バークシャーの長期パフォーマンスは悪化しつつあるようだ。1976年〜85年には同社の年平均リターンがS&P500種指数を36.5ポイントも上回った。1986年〜95年はバークシャーのリードが14.4ポイントとなり、1996年〜2005年は「わずか」1.6ポイントにとどまった。

バフェット氏は1962年初頭、主要なミューチュアルファンドの多くは市場平均を達成することに苦労しているとし、それだけ巨額の資金であれば自分が運用しても似たような成績に終わるだろうと語っていた。

 

私のような凡人以下投資家には、バフェット氏の苦悩は到底わかりませんが、あのバフェット氏クラスの運用金額になると、市場平均を大きくアウトパフォームする事は難しくなるようです。

 

バフェット氏は自らの死後、資金の90%はS&P500に投資せよ、と妻に言っていることで有名ですが、それほどまでに市場平均を超えることの難しさを感じているのでしょう。

 

投資の神様ですらアウトパフォームすることが難しい市場平均(S&P500)。

私のような凡人投資家が今からバフェット氏に勝つとしたら、それは市場平均(S&P500)への投資と長期保有をすることになりそうです。

-米国株

執筆者:

関連記事

【T分析】アメリカ最大手の通信会社AT&Tを分析してみた。

アメリカ最大の通信会社AT&T【ティッカー:T】を分析しました。 高配当銘柄として人気の企業で、現在購入を検討しています。 データソースは、moringstarとYahooファイナンスです。 …

ウェルズ・ファーゴ【WFC】より配当金受領(2018年第2四半期)

ウェルズ・ファーゴ【WFC】より配当金を受領致しました。 今回もわずかな金額ですが、銀行に預けているよりは着実に資産を増やしてくれます。 下記がウェルズ・ファーゴ【WFC】のチャートです。 下降トレン …

【保存版】Yahoo financeの英単語まとめ

企業の業績・各種指標等をチェックするには、Yahoo financeのStatisticsが非常に便利です。 とは言え、英語が苦手な方にとっては知らない英単語や略語があるため、少し読むのに抵抗がありま …

【14ヶ月目】楽天証券で積立Nisa実施!

楽天証券の積立NISAを実行致しました。 今回で14ヶ月目です。 早いものであっという間に積立NISAを始めてから1年以上が経過しました。 現在は、楽天VTI(楽天・全米株式インデックス・ファンド)を …

ベライゾン【VZ】より配当金受領(2020年第3四半期)

ベライゾン【VZ】より配当金を受領致しました。 下記が直近のベライゾン【VZ】のチャート図です。 ベライゾン【VZ】配当の概要 DIVIDEND YIELD (FWD) ANNUAL PAYOUT ( …