証券会社がひた隠す米国債投資法 35歳から米国ゼロクーポン債を始めよう

投稿日:2018年2月27日 更新日:

元ゴールドマン・サックス証券 マネージングディレクターが明かす

証券会社がひた隠す米国債投資法を読みました。

元ゴールドマンサックス証券の杉山暢達さんが執筆した本です。

結論

早速ですが、本書を読んでの結論。

35歳から米国ゼロクーポン債(30年物)を額面1万ドル分、20年間買い続けます。

 

参考になったこと

・ポートフォリオ構築の例

著者は資産構成を下記の2つに分けて考えるべきとしています。

①土台(公的年金、米国ゼロクーポン債、現金(生活費6ヶ月分))

②成長戦略(株式等)

・まずは元本を守るということ

「安全性」「収益性」「流動性」の観点から元本を失う可能性が低い。

米国債は購入時に利回りが確定する

・ストレスフリーな米国債

米国債を買うのは毎年1回のみ。

手数料は基本的にはかからない。

 

雑感

今のところ、現預金と米国株の2つだけの運用ですが、今後は米国債もポートフォリオに加えていこうと思います。

積立Nisaで年間40万円分、米国株投資にも追加で投資、さらに米国債用にも資金を貯めていこうと思います。

 

バビロンの大富豪にも書いてありますが、元本を失わないことも重要な考え。

そこでこの米国債を上手く使っていきたいと思います。

p.s.

もうこちらの登録は済みましたか?

今なら無料レポート「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」をもらう事ができます。

銘柄選びの参考になりますよ。

p.p.s

米国株投資専門の月刊誌「Oxfordインカム・レター」が今なら30日間お試しができます。

配当による収入(インカムゲイン)だけで生活できるようになる」をコンセプトに良質な米国株情報を提供してくれますよ。

私も現在購読中です。

申し込みから30日間、無条件返金保証が付いているので安心してお試しが可能です。

-

執筆者:

関連記事

【書評】金のなる人 お金をどんどん働かせ資産を増やす生き方を読了!

成毛眞氏の著書「金のなる人 お金をどんどん働かせ資産を増やす生き方」を読みました。 成毛眞氏は日本マイクロソフトの元代表取締役社長をお務めになった事で有名ですよね。 そんな著者が人生の自分らしく生きる …

【書評】人口から読む日本の歴史/鬼頭宏氏を読了!

鬼頭宏氏の著書「人口から読む日本の歴史」を読みました。 人口から読む日本の歴史 講談社学術文庫 / 鬼頭宏 【文庫】 created by Rinker Amazon 楽天市場 日本の人口が …

【書評】「千年投資の公理」を読了!

前から気になっていた「千年投資の公理-売られ過ぎの優良企業を買う-」を読みました。 千年投資の公理 売られ過ぎの優良企業を買う (ウィザードブックシリーズ) [ パット・ドーシー ] created …

【書評】お金は「歴史」で儲けなさい を読了!

加谷珪一氏の著書「お金は「歴史」で儲けなさい」を読みました。 加谷珪一氏は、「お金持ちの教科書」や「お金持ちはなぜ『教養』を必死に学ぶのか」等といったお金持ち本を多数執筆されています。 歴史は繰り返す …

【書評】プライベートバンカー / 清武英利氏

清武英利氏の著書「プライベートバンカー-完結版 節税攻防都市-」を読みました。 プライベートバンカー 完結版 節税攻防都市【電子書籍】[ 清武英利 ] created by Rinker A …