名著「私の財産告白/本田静六」のススメは1/4貯金法。

投稿日:2018年2月28日 更新日:

資産構築界では有名な本「私の財産告白/本田静六」。

昔に読んだことのある本ですが、久しぶりに読み返して、改めて感じることがありました。

結論

手取り収入の4分の1を貯蓄or投資に回し続けます。

 

参考になったこと

・あらゆる通常収入は、それが入ったとき、天引き4分の1を貯金してしまう。さらに臨時収入は全部貯金して、通常収入増加の基に繰り込む。

・貯金=通常収入×1/4+臨時収入×10/10

・財産を作ることの根幹は、やはり倹約貯蓄だ。これなしには、どんなに小さくとも、財産と名のつくほどのものはこしらえられない。さて、その貯金がある程度に達したら、他の有利な事業に投資するがよい。

・とにかく、金というものは雪達磨のようなもので、初めはホンの小さな玉でも、その中心になる玉ができると、あとは面白いように大きくなってくる。

・勤労生活者が金を作るには、単なる消費面の節約といった、消極策ばかりでは十分ではない。本職に差し支えがない限り、否本職のたしになり、勉強になる事柄を選んで、本職以外のアルバイトにつとめることである。

・好景気時代には勤倹貯蓄を、不景気時代には思い切った投資を、時機を逸せず巧みに繰り返すよう私はおすすめする。

・なんでもよろしい、仕事を一所懸命にやる。なんでもよろしい、職業を道楽化するまでに打ち込む、これが平凡人の自己を大成する唯一の途である。

雑感

1/4貯金法は未だに続けております。

手取りの4分の1は、入金されたらすぐに別口座に移して手をつけません。(投資以外)

入った瞬間に別口座に移すので、まず間違いなく確実にお金は貯まっていきます。

 

それと今回改めて読んで気づいたのですが、本田静六さんも”アルバイト”を推奨していたのですね。

現代で言うところの副業ってやつでしょう。

今は時代の流れで副業解禁!っとなってきましたが、実際はまだまだ浸透していないと思います。

表向きは副業解禁になっていまずが、会社に申請しなければならない、上司の許可が必要等、条件がありますからね。わざわざ自分の会社に副業宣言する人は、圧倒的少数だと思います。

 

自分としてはサクッとWebサイトを構築して、自動販売機の如く収入を得る方法が合っているなと思いました。貯蓄にしても、投資にしても、Webサイトにしても、地味でコツコツした人生だな〜と我ながら思います。笑

でもいいんです。これが楽しくて、かつ自分が考える幸せに近づけると思うので。

自分が好きなスタイルで、着実に資産を作り続けていきたいと思います。

-

執筆者:

関連記事

【書評】DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール

ビル・パーキンス氏の著書「DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール」を読みました。 DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール【電子書籍】[ ビル・パーキンス …

【書評】投資で一番大切な20の教え/ハワード・マークス氏を読了!

ハワード・マークス氏の著書「投資で一番大切な20の教え」を読みました。 投資で一番大切な20の教え 賢明な投資家が知らない隠れた常識 [ ハワード・マークス ]2,200円(09/28 01:00時点 …

【書評】ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

キングスレイ・ウォード氏の著書「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」を読みました。 ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 (新潮文庫 ウー15-1 新潮文庫) [ キングスレイ・ウォード ] …

【書評】お金は寝かせて増やしなさいを読了!

水瀬ケンイチ氏の著書「お金は寝かせて増やしなさい」を読みました。 水瀬ケンイチ氏は、投資ブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」で有名なインデックス投資ブロガーです。 お金は寝かせて増やしなさい …

【書評】お金は「歴史」で儲けなさい を読了!

加谷珪一氏の著書「お金は「歴史」で儲けなさい」を読みました。 加谷珪一氏は、「お金持ちの教科書」や「お金持ちはなぜ『教養』を必死に学ぶのか」等といったお金持ち本を多数執筆されています。 歴史は繰り返す …