【書評】投資バカの思考法

投稿日:2021年1月27日 更新日:

藤野英人氏の著書「投資バカの思考法」を読みました。

藤野英人氏はひふみ投信で有名なレオス・キャピタルワークスの社長ですね。

ずっと氏の本を読んでみたいと思っており、年末年始の時間を利用して初めて読んでみました。

結論。

良本でした。藤野氏の25年間の投資経験に基づいた内容が描かれており、よくある机上の空論的な話ではありませんでした。

それでは、主要ポイントです。

主要ポイント

・投資とは「今この瞬間にエネルギーを投入して、未来からのお返しをいただくこと」「世の中を良くして、明るい未来を作ること」

・安定した投資家として勝つためには、「人間に対する理解」が必要。

・物事を観察するときは、「見えている景色は、人それぞれ違うこと」「自分が見えている景色とは、別の景色があること」を常に意識することが大切。

・マーケットの本質を見抜く3つの習慣

  1. 他人の目になりきる
  2. 関心事を増やす
  3. 物事を複合的かつ立体的に見る

・「好き嫌い」で決める事は、合理的で高度な技術

・未完成こそが最強の戦略。

・不均衡が実は均衡をもたらす。

・完成は崩壊の始まりで、未完成は壊れない。

・投資家は、損切りにもしっかりとした哲学を持たない限り、勝ち続ける事はできない。

・「長く、そして毎日やり続けること」が「プロ」の条件。

・相手をバカにすることは、自分をバカにすること。

・経済活動とは、「お金」と「ありがとう」を循環させること。

・昨日までの選択の結果が、今日の自分を作っている。

所感

藤野氏は本書の他にも多くの著書があります。

本書がとてもよかったので、関連書もこれから読んでみたいと思います。

p.s.

もうこちらの登録は済みましたか?

今なら無料レポート「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」をもらう事ができます。

銘柄選びの参考になりますよ。

p.p.s

短期的な株価上昇を狙う投資をしたい方はこちらがおすすめ。

今、仕込んで2〜3年後に株価10倍が狙える日本人が知らない3つの米国株

のレポートを今なら無料でゲットする事ができます。

-

執筆者:

関連記事

【書評】1億円の法則-古今東西の大富豪に学んだお金の真実-を読了!

田口智隆氏の著書「1億円の法則」を読みました。 古今東西のお金持ちになるためのマネー本10冊以上のエッセンスをまとめたものです。 実際に田口氏がこれらの本を読んで行動に移した事で、経済的独立(ファイナ …

【書評】世界のお金持ちが実践するお金の増やし方/高橋ダン氏

高橋ダン氏の著書「世界のお金持ちが実践するお金の増やし方」を読みました。 高橋ダン氏は、ウォールストリートでバリバリ働いていた金融マンで、アメリカ・日本の経済を中心にYoutubeでわかりやすく解説し …

道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔

道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔を読みました。 道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔 [ 佐々木 亨 ] created by Rinker Amazon 楽天市場 初登板初勝利を上げた日か …

【読みたい洋書】The Single Best Investment: Creating Wealth with Dividend Growth

米国株の連続増配年数や増配率を調べるのに便利なサイト「The DRiP Investing Resource Center」内にて、「Favorites」として紹介されている本の中に、「The Sin …

【書評】エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法

奥山月仁氏の著書「“普通の人”でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法」を読みました。 “普通の人”でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法 [ 奥 …