【書評】投資バカの思考法

投稿日:2021年1月27日 更新日:

藤野英人氏の著書「投資バカの思考法」を読みました。

藤野英人氏はひふみ投信で有名なレオス・キャピタルワークスの社長ですね。

ずっと氏の本を読んでみたいと思っており、年末年始の時間を利用して初めて読んでみました。

結論。

良本でした。藤野氏の25年間の投資経験に基づいた内容が描かれており、よくある机上の空論的な話ではありませんでした。

それでは、主要ポイントです。

主要ポイント

・投資とは「今この瞬間にエネルギーを投入して、未来からのお返しをいただくこと」「世の中を良くして、明るい未来を作ること」

・安定した投資家として勝つためには、「人間に対する理解」が必要。

・物事を観察するときは、「見えている景色は、人それぞれ違うこと」「自分が見えている景色とは、別の景色があること」を常に意識することが大切。

・マーケットの本質を見抜く3つの習慣

  1. 他人の目になりきる
  2. 関心事を増やす
  3. 物事を複合的かつ立体的に見る

・「好き嫌い」で決める事は、合理的で高度な技術

・未完成こそが最強の戦略。

・不均衡が実は均衡をもたらす。

・完成は崩壊の始まりで、未完成は壊れない。

・投資家は、損切りにもしっかりとした哲学を持たない限り、勝ち続ける事はできない。

・「長く、そして毎日やり続けること」が「プロ」の条件。

・相手をバカにすることは、自分をバカにすること。

・経済活動とは、「お金」と「ありがとう」を循環させること。

・昨日までの選択の結果が、今日の自分を作っている。

所感

藤野氏は本書の他にも多くの著書があります。

本書がとてもよかったので、関連書もこれから読んでみたいと思います。

p.s.

もうこちらの登録は済みましたか?

今なら無料レポート「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」をもらう事ができます。

銘柄選びの参考になりますよ。

p.p.s

短期的な株価上昇を狙う投資をしたい方はこちらがおすすめ。

今、仕込んで2〜3年後に株価10倍が狙える日本人が知らない3つの米国株

のレポートを今なら無料でゲットする事ができます。

-

執筆者:

関連記事

【書評】人口から読む日本の歴史/鬼頭宏氏を読了!

鬼頭宏氏の著書「人口から読む日本の歴史」を読みました。 人口から読む日本の歴史 講談社学術文庫 / 鬼頭宏 【文庫】 created by Rinker Amazon 楽天市場 日本の人口が …

1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教えを読了!

エリック・シュミット、ジョナサン・ローゼンバーグ、アラン・イーグルの3者による著書「1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え」を読みました。 エリック・シュミットは、 …

【書評】インデックス投資は勝者のゲームを読了!

バンガードグループの創業者であるジョン・C・ボーグル氏の著書「インデックス投資は勝者のゲーム」を読みました。 インデックス投資は勝者のゲーム 株式市場から利益を得る常識的方法 (ウィザードブックシリー …

【必読】父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え を読了!

ジェイエル・コリンズ氏の著書「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」を読みました。 「会社に縛られないお金」をシンプルに作り出す方法が書かれており、必読本です。 きっと私も何度も読み直す本 …

【書評】どん底サラリーマンが株式投資で2億円

Dokgen氏の著書「どん底サラリーマンが株式投資で2億円 いま息子に教えたいお金と投資の話」を読みました。 今私も、人生のどん底にいるため、とても励まされる内容になっておりました。 どん底サラリーマ …