【書評】「年100回配当」投資術/マーク・リクテンフェルド氏を読了!

投稿日:

マーク・リクテンフェルド氏の著書「日本人が知らない秘密の収入源『年100回配当』投資術」を読みました。

マーク・リクテンフェルド氏は、現在私も購読しているオックスフォードインカムレターの著者でもあります。

本書は、マーク氏が執筆した2012年のベストセラー『Get Rich With Dividends(配当金でお金持ちになる)』の邦訳版となっています。

マーク氏らしいデータに基づいた解説が豊富で、非常に勉強になりました。

それでは、主要ポイントです。

主要ポイント

・10-11-12システム。これは10年間で11%の利回りを生み出し、平均で年12%のリターンを得られるようにつくられている。

・配当貴族(Dividend Aristocrats)の概念はシンプル。スタンダード・アンド・プアーズ500指数の銘柄で、最低25年間にわたって増配を続けている企業。

・高配当貴族指数に連動するETFの購入は、オススメしない。その理由は①新しすぎる、②セクターのウエイトに関する権限が無い、③長期実績が無い、④個々の株でもっと高利回りのものが見つかる。

・毎年増配する大企業に投資すること。数年したら、あなたは市場の取引やアクティブ運用型のミューチュアルファンドに資本を投下するよりも、もっと何倍ものお金を手に入れる。

・配当が上がっているのは、企業の見通しに対する経営陣の自信の表れ。

・配当の成長と安全性は、利回りよりも重要だから、もし今後10年でよりよい投資ができそうだと思えば、4.5%ではなく3.7%の利回りを選ぶ可能性もある。

・10年間で11%の利回りと12%の年平均総リターンを生む配当株を選ぶ重要な基準は、以下の3つである。①利回り ②配当の成長 ③配当性向

・一般的に投資先の(キャッシュフローにもとづく)配当性向は、75%かそれ以下だとよい。

・利回り4.7%で毎年10%増配する企業の株を保有していたら、10年後にあなたの利回りは11.1%である。

・利回りの目標は4.7%だが、最低限利回り4%の株を探してみること。

・配当成長は10%か、それ以上。

・少なくとも年に1度は、下記の問題が起こっていないか、株を確認すること。

①配当性向の上昇
②キャッシュフロー、収益または売上の減少
③配当戦略の変化

所感

350ページに渡り、マーク氏の投資に対する信念と具体的方法がビッシリ書かれています。

その中核をなすのが、10-11-12システムです。

本書はその概念の紹介と、なぜ米国株投資なのか、なぜ10-11-12システムが有効な戦略なのか、という事が過去のデータ、個別株の事例に基づき紹介されています。

もし本書を読んで、10-11-12システムに興味を持たれたら、ぜひオックスフォードインカムレターを購読する事をオススメします。

マーク氏が10-11-12システムに基づいて、具体的な銘柄をいつ買い、いつ売却すべきか、米国株の動向は今どうなのか、という事を毎月届けてくれます。

私もオックスフォードインカムレターを購読しておりまして、いつも銘柄購入の参考にしています。

米国株投資を始めようと検討している人はもちろん、米国株投資家の皆様にもぜひオススメしたい1冊です。

 

p.s.

もうこちらの登録は済みましたか?

今なら無料レポート「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」をもらう事ができます。

銘柄選びの参考になりますよ。

p.p.s

米国株投資専門の月刊誌「Oxfordインカム・レター」が今なら30日間お試しができます。

配当による収入(インカムゲイン)だけで生活できるようになる」をコンセプトに良質な米国株情報を提供してくれますよ。

私も現在購読中です。

申し込みから30日間、無条件返金保証が付いているので安心してお試しが可能です。

-

執筆者:

関連記事

【書評】「パパ1年目のお金の教科書」を読了!

GWで新幹線に乗る機会があり、本屋で物色をしていたところ「パパ1年目のお金の教科書」を見つけました。 著者はライフネット生命の岩瀬大輔氏です。 パパ1年目のお金の教科書 (ちくま新書) [ 岩瀬 大輔 …

バビロンの大富豪は何度も読み直したい名著

言わずと知れた名著「バビロンの大富豪」。 バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか [ ジョージ・S.クレイソン ] created by Rinker Amazon 楽 …

【必読】父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え を読了!

ジェイエル・コリンズ氏の著書「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」を読みました。 「会社に縛られないお金」をシンプルに作り出す方法が書かれており、必読本です。 きっと私も何度も読み直す本 …

『「保険のプロ」が生命保険に入らないもっともな理由』を読了。

新年度も始まり生命保険の加入を再検討しています。 これまで独り身なこともあってまだ生命保険に入っていなかったのですが、そろそろ加入しようと思い、あれこれ勉強しています。 実際に保険相談にも行き、いわゆ …

【書評】インデックス投資は勝者のゲームを読了!

バンガードグループの創業者であるジョン・C・ボーグル氏の著書「インデックス投資は勝者のゲーム」を読みました。 インデックス投資は勝者のゲーム 株式市場から利益を得る常識的方法 (ウィザードブックシリー …