証券アナリスト

【対策】証券アナリスト1次試験の勉強法

投稿日:2020年5月2日 更新日:

今年のチャレンジとして、証券アナリスト1次試験を受験予定です。

今年はコロナウイルスの影響で4月試験が中止となってしまい、未だ9月の試験もあるか不透明ですが、

試験が実施される事を前提として試験対策を今更ながら開始しました。

勉強方法は?

試験までは残り5ヶ月。

どうやれば最短コースで合格にたどり着く事ができるのか調べたところ、ある1つの解に行き着きました。

それは、TACのテキストと過去問を徹底的にやり抜く事です。

証券アナリスト試験の勉強法とか、合格までの道のりを書いているブログが多々あるのですが、みなさん共通しているのは、

・日本証券アナリスト協会から送られてきたテキストは一切使わない

・TACのテキストと過去問を何度も実践

の2点でした。

という事で、早速TACの証券分析のテキストを購入。

証券分析は、時間は3時間、点数は180点と、1次試験の半分を締める科目ですので、まずは優先的に取り組む事としました。

本当にTACのテキストと過去問だけで合格できるのか?

本ブログでも引き続き、その経過を追ってご報告していきたいと思います。

p.s.

もうこちらの登録は済みましたか?

今なら無料レポート「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」をもらう事ができます。

銘柄選びの参考になりますよ。

p.p.s

米国株投資専門の月刊誌「Oxfordインカム・レター」が今なら30日間お試しができます。

配当による収入(インカムゲイン)だけで生活できるようになる」をコンセプトに良質な米国株情報を提供してくれますよ。

私も現在購読中です。

申し込みから30日間、無条件返金保証が付いているので安心してお試しが可能です。

-証券アナリスト

執筆者:

関連記事

証券アナリスト取得を目指して

2020年の新たな取り組みの1つとして、証券アナリスト試験を受けます。 証券アナリストとは、証券投資の分野において、高度の専門知識と分析技術を応用し、各種情報の分析と投資価値の評価を行い、投資助言や投 …