米国株

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」が面白い件

投稿日:

マクドナルド(MCD)の創業を描いた映画、

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」を見ました。

投資方針にもある通り、今後マクドナルドの新規購入を考えている者としてはぜひとも見ておきたい映画でした。

ミルクシェイク用ミキサーの営業マンだったレイ・クロックが、マクドナルド兄弟が運営するハンバーガーショップに出会い、兄弟と事ある毎に衝突を繰り返しながら、マクドナルドを世界的な企業に成長させていく物語です。

 

ユニクロの柳井さん、ソフトバンクの孫さんのバイブルとして、レイ・クロックの自伝は紹介されていますね。

 

この映画を見て、早速マクドナルドに行ってしまいました。

地元にも当然のようにマックがありますし、この前行った時なんて、他の店は混んでいないのに、マクドナルドだけは満席なんて事が起こっていました。

同時に昔ヨーロッパに旅行に行った時の事も思い出しました。

昼食をサクッと済ませようと、マクドナルドに入ったのですが、ヨーロッパでもマクドナルドは賑わっていました。

当然の事ながら日本だけでなく、世界共通のお店なんだな、という事を実感した旅行でもありました。

下記がマクドナルドの1990年からのチャートです。

2001年〜2003年にかけて一時的な下落がありますが、そこを除けば綺麗な右肩上がりのチャートです。

今後は新興国発展の恩恵を、マクドナルドは受ける事になるでしょう。という事は今後20〜30年も安定的な収益を上げ続けてくれる事が期待ですます。

短期的な株価の上下は気にせず、年内にはマクドナルドを購入したいと思います。

-米国株

執筆者:

関連記事

ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】より配当金受領(2021年第2四半期)

ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】より配当金を受領致しました。 下記が直近のJNJのチャート図です。 コロナショック時は、一時110ドル付近まで暴落しましたが、その後は順調に株価は上昇しています …

【米国株】コロナウイルス関連のおすすめ3銘柄

新型コロナウイルスの感染拡大が未だ止まりません。アメリカでは第2波とも思える感染者数の伸びを示しており、日本でも東京を中心に新規感染者数が増加傾向です。 県をまたぐ移動制限も解除されて、きっとこの増加 …

【T分析】アメリカ最大手の通信会社AT&Tを分析してみた。

アメリカ最大の通信会社AT&T【ティッカー:T】を分析しました。 高配当銘柄として人気の企業で、現在購入を検討しています。 データソースは、moringstarとYahooファイナンスです。 …

【米国株チャート】StockChartsの主要ティッカー(シンボル)まとめ

米国株チャートをサクッと確認したい時に、StockChartsを使っています。 使い方はこちらをご参照下さい。 StockChartsはサクッとチャートをチェックしたい時に便利なツール 使い方と言って …

マクドナルド(MCD)は買いか否か?

2日のNYダウ株式市場は前日比ー70.92ドル(ー0.29%)安の2万4538.06ドルとして取引を終えました。 アメリカのトランプ大統領が、鉄鋼とアルミにそれぞれ関税を課すと発言したことから、アメリ …