米国株

一歩先を行く米国株投資

投稿日:2020年7月6日 更新日:

米国株投資を初めて丸3年が経ちました。

とはいえ、2017年はアップル【AAPL】とウェルズファーゴ【WFC】、ジョンソンエンドジョンソン【JNJ】を、それぞれ数株ずつ購入した程度なので、

本格的に投資を始めたのは2018年といった方が良いのでしょうか。

そう考えるともう丸2年経ちました。

2018年、2019年、そして2020年。

年を経過する毎に配当収入が増加して、米国株投資の魅力をつくづく感じています。

さて、こちらの記事でも書いている通り、米国株投資を行う上で良質な情報を得る事を重視しています。

その中でも、重宝しているのがオックスフォードインカムレター。

オックスフォードインカムレターは「配当による収入(インカムゲイン)だけで生活できるようになる」をコンセプトに、世界中で6万7,000人以上の購読者がいるデジタル月刊誌です。

今月はどの銘柄を購入しようか、米国の動向はどうなっているのか、という事を示してくれる1つの指針となっており、オックスフォードインカムレターを毎月読んだ上で、最終的に今月の購入銘柄を決定する事もあります。

そんな中、5月に購入したのはエイリス・キャピタル【ARCC】でした。

この銘柄については、自分なりに色々とリサーチして、購入に至ったものでした。

オックスフォードインカムレターを参考にした訳ではなかったのですが、6月号を見て驚きました。

エイリス・キャピタル【ARCC】が推奨銘柄として紹介されていたんですね。笑

ようやく俺も、オックスフォードインカムレターの先を行く事ができるようになったか、まさに一歩先を行った瞬間でした。笑

まだまだ経済的自由には道半ばですが、これからも愚直に投資を行い続け、その道を開いていきたいと思います。

p.s.

もうこちらの登録は済みましたか?

今なら無料レポート「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」をもらう事ができます。

銘柄選びの参考になりますよ。

p.p.s

短期的な株価上昇を狙う投資をしたい方はこちらがおすすめ。

今、仕込んで2〜3年後に株価10倍が狙える日本人が知らない3つの米国株

のレポートを今なら無料でゲットする事ができます。

-米国株

執筆者:

関連記事

ウイルスと付き合う時代-新型コロナウイルスに感じる事

新型コロナウイルスの収束が未だ見えません。 世界的には感染拡大傾向に未だあり、日本国内においても第2波が警戒されています。 今回のコロナウイルスを通して感じた事は、今後はこのようなウイルスと付き合い続 …

バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイ【BRK】 銀行株を売却!

ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイ【BRK】が、米大手地銀USバンコープ【USB】株を一部売却した事が明らかになりました。 売却総額は、売却総額は1630万ドル(約17.4億円)のよ …

【T分析】アメリカ最大手の通信会社AT&Tを分析してみた。

アメリカ最大の通信会社AT&T【ティッカー:T】を分析しました。 高配当銘柄として人気の企業で、現在購入を検討しています。 データソースは、moringstarとYahooファイナンスです。 …

アップル【AAPL】より配当金受領

アップル【AAPL】より配当を受領致しました。 直近の株価推移は以下の通り。   2018年1〜3月にウォーレン・バフェット氏がアップル株を7,500万株取得したことが明らかになり、株価は一 …

【WFC】ウェルズファーゴが大幅減配を発表!買い増すか売却か。

バフェット銘柄として有名なウェルズファーゴ【WFC】ですが、先日決算を発表すると共に、減配を発表しました。 配当は1株0.51ドルから0.10ドルへと引き下げられます。 高配当株ホルダーとしては、非常 …