米国株 ポートフォリオ

【米国株】2020年6月末時点のポートフォリオ

投稿日:2020年7月2日 更新日:

2020年も半年が経過し、残り半分ですね。

この半年間はきっと歴史的な半年間だったと思います。

私たちは今まさに教科書に乗るような時代を生きている。

というかまだまだコロナウイルスの感染が収まっていないので、決して安心はできないですね。

きっと年末にかけて第2波も来る事が想定されます。

というか、もう来ている?

残り半年も淡々と投資を実行するのみです。

それでは、早速2020年6月末時点のポートフォリオです。

2020年6月末時点ポートフォリオ

セクター分類は下記の通りです。(インデックスファンド含む)

相変わらずインデックスファンド(楽天VTI)を中心に据えて、個別株で高リターンを狙います。

6月購入銘柄

2020年6月は以下の銘柄を新規購入しました。

【NEP】ネクステラ・エナジー・パートナーズ

ネクステラ・エナジー・パートナーズ【NEP】は、

YieldCo(イールドコ)という、再生可能エネルギーを対象とした株式会社形態のファンドで、親会社は北米最大級のエネルギー企業の一つであるネクステラ・エナジー社【NEE】です。

再生可能エネルギーは、長期的に考えて魅力的な投資先であり、今回購入するに至りました。

何といってもネクステラ・エナジー・パートナーズ【NEP】の魅力は、高い利回りとその成長率です。

現在の利回りは4.33%ですが、今後も高い配当成長率が期待されており、機会を見て追加投資予定です。

さて、最後に投資方針を書いて終わります。

絶対守る投資のルール

①1銘柄の投資金額は4%まで

この4%ルールはOxfordインカムレターにて紹介されており、実践予定です。

②投資銘柄総数は20銘柄まで

これは独自ルールですが、やはり自分が理解できる銘柄数は20社と考えました。

理由は明確には無いのですが、手足の指合わせて20本であり、人間として同時に動かすにはこれが上限なのかなと思っています。笑

慣れてきたらもう少し増やします。

ポートフォリオ方針

今後のポートフォリオの方針を、以下の3つのように定めました。

①インデックスファンドで50%を構成

②生活必需品/ヘルスケア/エネルギーの3セクターで30%を構成

③ETFで5〜10%を、その他高配当株で10~15%を構成

あくまでも主軸はS&P500等に連動したインデックスファンドとして、その他を高配当株で補足して高リターンを獲得する予定です。

まだ理想としているポートフォリオとは乖離があるので、これから複数回の新規投資・追加投資を経て、リバランスしていこうと考えています。

次の購入予定は、ヘルスケア関連銘柄になりそうです。

さて、来月はどのようなポートフォリオになっているでしょうか。

p.s.

もうこちらの登録は済みましたか?

今なら無料レポート「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」をもらう事ができます。

銘柄選びの参考になりますよ。

p.p.s

米国株投資専門の月刊誌「Oxfordインカム・レター」が今なら30日間お試しができます。

配当による収入(インカムゲイン)だけで生活できるようになる」をコンセプトに良質な米国株情報を提供してくれますよ。

私も現在購読中です。

申し込みから30日間、無条件返金保証が付いているので安心してお試しが可能です。

-米国株, ポートフォリオ

執筆者:

関連記事

【36ヶ月目】楽天証券で積立Nisa実施!

楽天証券の積立NISAを実行致しました。今回で36ヶ月目です。積立NISAを初めてもう3年が経ちました。早いものです。 現在は、楽天VTI(楽天・全米株式インデックス・ファンド)を積み立てています。 …

ベライゾン【VZ】より配当金受領(2018年11月)

先日ベライゾン【VZ】より配当金を受領致しました。 8月に受領した時の単価が0.590ドルで、今回は0.602ドルでした。 約2%程度の増配ですね。 株価も順調に推移しています。   株価の …

コカ・コーラ【KO】より配当金受領(2020年第4四半期)

コカ・コーラ【KO】より配当金を受領致しました。 下記が直近のコカ・コーラ【KO】のチャート図です。 やっと200日移動平均線を突き抜けて上昇基調です。 まぁ、株価変動はほぼ気にしていないので、正直こ …

ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】より配当金受領(2020年第4四半期)

ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】より配当金を受領致しました。 下記が直近のJNJのチャート図です。 気づけばもう150ドルを超えていたのですね。 このブログを書くために、久しぶりに株価を見まし …

【コロナウイルス懸念】ダウ平均が1,190ドルの大暴落で懸念拡大

コロナウイルスの拡大が止まりません。 安倍首相も政治判断として、3月2日以降の全国一斉休校を要求されました。 休校措置を取れば取ったで批判され、休校を指示せずにさらに感染が拡大すれば、それはそれで批判 …