米国株 ポートフォリオ

【米国株】2020年11月末時点のポートフォリオ

投稿日:2020年12月12日 更新日:

11月が終わりました。

結局この記事を書いているのが、12月中旬なので、もう半月で今年も終わりです。

今年はコロナ、コロナ、コロナ、で終わる1年となりそうです。

冬になって感染拡大傾向です。連日、感染者数が過去最高を超えており、未だ余談を許さない状況。

最前線で奮闘されている医療従事者の方々には頭が下がります。

いつもありがとうございます。

さてそれでは、早速2020年11月末時点のポートフォリオです。

2020年11月末時点ポートフォリオ

セクター分類は下記の通りです。(インデックスファンド含む)

前月から特に大きな変動はありません。

一部、ETFや少額で保有していた銘柄を売却して、手元現金を増やしました。

現状は、手元資金が厚くなってきたので、そろそろ新規銘柄、もしくは既存銘柄に追加投資予定です。

既存銘柄であれば、再生可能エネルギー銘柄であるネクステラ・エナジー・パートナーズ【NEP】や、ヘルスケアのジョンソンエンドジョンソン【JNJ】、生活消費財のプロクターアンドギャンブル【PG】、5Gを意識してAT&T【T】といった銘柄が候補です。

11月購入銘柄

2020年11月は新規購入銘柄はありません。

新規購入予定は、上記の通りですね。

さて、最後に投資方針を書いて終わります。

絶対守る投資のルール

①1銘柄の投資金額は4%まで

この4%ルールはOxfordインカムレターにて紹介されており、実践予定です。

②投資銘柄総数は20銘柄まで

これは独自ルールですが、やはり自分が理解できる銘柄数は20社と考えました。

理由は明確には無いのですが、手足の指合わせて20本であり、人間として同時に動かすにはこれが上限なのかなと思っています。笑

慣れてきたらもう少し増やします。

ポートフォリオ方針

今後のポートフォリオの方針を、以下の3つのように定めました。

①インデックスファンドで50%を構成

②生活必需品/ヘルスケア/エネルギーの3セクターで30%を構成

③ETFで5〜10%を、その他高配当株で10~15%を構成

あくまでも主軸はS&P500等に連動したインデックスファンドとして、その他を高配当株で補足して高リターンを獲得する予定です。

まだ理想としているポートフォリオとは乖離があるので、これから複数回の新規投資・追加投資を経て、リバランスしていこうと考えています。

さて、来月はどのようなポートフォリオになっているでしょうか。

p.s.

もうこちらの登録は済みましたか?

今なら無料レポート「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」をもらう事ができます。

銘柄選びの参考になりますよ。

p.p.s

米国株投資専門の月刊誌「Oxfordインカム・レター」が今なら30日間お試しができます。

配当による収入(インカムゲイン)だけで生活できるようになる」をコンセプトに良質な米国株情報を提供してくれますよ。

私も現在購読中です。

申し込みから30日間、無条件返金保証が付いているので安心してお試しが可能です。

-米国株, ポートフォリオ

執筆者:

関連記事

経済指標を確認するならマネックス証券の経済指標カレンダーが便利!

世界各国で発表される経済指標。 日本だけでも、日銀短観・貿易収支・景気先行指数・・・と様々な指標があります。 そして、それは世界各国も同様。 膨大にある経済指標を一覧でチェックできる便利なツール無いか …

【27ヶ月目】楽天証券で積立Nisa実施!

楽天証券の積立NISAを実行致しました。今回で27ヶ月目です。 現在は、楽天VTI(楽天・全米株式インデックス・ファンド)を積み立てています。 楽天証券では、クレジットカード決済が可能ですので、私もク …

【米国株】2020年8月末時点のポートフォリオ

今年もやっぱり暑かった夏。 8月下旬にはコロナウイルスの新規感染者数が減少傾向になってきた少し一安心ですね。 8月末には安倍総理の電撃辞任という歴史的な出来事もありました。 それでは、早速2020年8 …

エイリス・キャピタル【ARCC】より配当金受領(2021年第1四半期)

エイリス・キャピタル【ARCC】より配当金を受領致しました。2021年に入って初めての配当金受領です。 下記が直近のエイリス・キャピタル【ARCC】のチャート図です。 高配当で有名なエイリス・キャピタ …

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」が面白い件

マクドナルド(MCD)の創業を描いた映画、 「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」を見ました。 投資方針にもある通り、今後マクドナルドの新規購入を考えている者としてはぜひとも見ておきたい映画でした …