【書評】インデックス投資は勝者のゲームを読了!

投稿日:2018年10月10日 更新日:

バンガードグループの創業者であるジョン・C・ボーグル氏の著書「インデックス投資は勝者のゲーム」を読みました。

本書は、ボーグル氏の書籍「マネーと常識」の改訂版です。

今年の6月頃に出版され、しばらく前に読みましたが今頃になっての更新です。

結論

楽天積立Nisaに加えて、SBI証券idecoでS&P500に連動するインデックスファンドにも積立投資を実行。(2018年11月から)

気になったこと

・株式投資で成功する戦略とは(中略)市場全体のポートフォリオを有するファンドを取得し、英英に持ち続けること

・投資にかかるコストを差し引いたあとでは、市場に勝とうとすることは敗者のゲーム

・「何もするな、そこにいろ」これこそが、市場に勝とうとする敗者のゲームを避ける唯一の方法

・投資で成功するには、わが国、さらに言えば世界の企業の株式を保有し、配当や利益成長という形で巨額の報酬を得ればよい

・売買が増えれば増えるほど、金融業界の仲介者に支払うコストや税金が増大し、企業の所有者たる株主が手にするリターンの純額は減少する

・ポートフォリオのリターンの違いのうち、94%はアセットアロケーションで説明できる

・基本的なルールとして、株式の割合は、最低で25%、最高で75%の範囲内に

・S&P500インデックスファンド(またはトータル・ストック・マーケット・インデックスファンド)を通じて株式を、トータル・ボンド・マーケット・インデックスファンドを通じて、債券を保有することで大いに報われると確信している

-

執筆者:

関連記事

【書評】お金は寝かせて増やしなさいを読了!

水瀬ケンイチ氏の著書「お金は寝かせて増やしなさい」を読みました。 水瀬ケンイチ氏は、投資ブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」で有名なインデックス投資ブロガーです。 お金は寝かせて増やしなさい …

【書評】「年100回配当」投資術/マーク・リクテンフェルド氏を読了!

マーク・リクテンフェルド氏の著書「日本人が知らない秘密の収入源『年100回配当』投資術」を読みました。 マーク・リクテンフェルド氏は、現在私も購読しているオックスフォードインカムレターの著者でもありま …

『「保険のプロ」が生命保険に入らないもっともな理由』を読了。

新年度も始まり生命保険の加入を再検討しています。 これまで独り身なこともあってまだ生命保険に入っていなかったのですが、そろそろ加入しようと思い、あれこれ勉強しています。 実際に保険相談にも行き、いわゆ …

【書評】お金の真理/与沢翼氏 を読了!

与沢翼氏の著書「お金の真理」を読みました。 お金の真理 [ 与沢 翼 ] created by Rinker Amazon 楽天市場 与沢翼氏は有名起業家であり、現在は投資家として活動してい …

【書評】歴史の使い方 を読了!

堺屋太一氏の著書「歴史の使い方」を読みました。 【中古】 歴史の使い方 日経ビジネス人文庫/堺屋太一(著者) 【中古】afb created by Rinker Amazon 楽天市場 歴史 …