【書評】インデックス投資は勝者のゲームを読了!

投稿日:2018年10月10日 更新日:

バンガードグループの創業者であるジョン・C・ボーグル氏の著書「インデックス投資は勝者のゲーム」を読みました。

本書は、ボーグル氏の書籍「マネーと常識」の改訂版です。

今年の6月頃に出版され、しばらく前に読みましたが今頃になっての更新です。

結論

楽天積立Nisaに加えて、SBI証券idecoでS&P500に連動するインデックスファンドにも積立投資を実行。(2018年11月から)

気になったこと

・株式投資で成功する戦略とは(中略)市場全体のポートフォリオを有するファンドを取得し、英英に持ち続けること

・投資にかかるコストを差し引いたあとでは、市場に勝とうとすることは敗者のゲーム

・「何もするな、そこにいろ」これこそが、市場に勝とうとする敗者のゲームを避ける唯一の方法

・投資で成功するには、わが国、さらに言えば世界の企業の株式を保有し、配当や利益成長という形で巨額の報酬を得ればよい

・売買が増えれば増えるほど、金融業界の仲介者に支払うコストや税金が増大し、企業の所有者たる株主が手にするリターンの純額は減少する

・ポートフォリオのリターンの違いのうち、94%はアセットアロケーションで説明できる

・基本的なルールとして、株式の割合は、最低で25%、最高で75%の範囲内に

・S&P500インデックスファンド(またはトータル・ストック・マーケット・インデックスファンド)を通じて株式を、トータル・ボンド・マーケット・インデックスファンドを通じて、債券を保有することで大いに報われると確信している

-

執筆者:

関連記事

【書評】人口から読む日本の歴史/鬼頭宏氏を読了!

鬼頭宏氏の著書「人口から読む日本の歴史」を読みました。 人口から読む日本の歴史 講談社学術文庫 / 鬼頭宏 【文庫】 created by Rinker Amazon 楽天市場 日本の人口が …

【書評】世界のお金持ちが実践するお金の増やし方/高橋ダン氏

高橋ダン氏の著書「世界のお金持ちが実践するお金の増やし方」を読みました。 高橋ダン氏は、ウォールストリートでバリバリ働いていた金融マンで、アメリカ・日本の経済を中心にYoutubeでわかりやすく解説し …

【書評】「バカでも稼げる米国株高配当投資/バフェット太郎」を読了!

日本一アンチの多い米国株ブロガー バフェット太郎さんの書籍、 「バカでも稼げる米国株高配当投資」を読みました。 バフェット太郎さんのブログで告知されていたので、発売日が楽しみで仕方がありませんでした。 …

名著「私の財産告白/本田静六」のススメは1/4貯金法。

資産構築界では有名な本「私の財産告白/本田静六」。 私の財産告白 (実業之日本社文庫) [ 本多静六 ] created by Rinker Amazon 楽天市場 昔に読んだことのある本で …

【書評】お金は「歴史」で儲けなさい を読了!

加谷珪一氏の著書「お金は「歴史」で儲けなさい」を読みました。 加谷珪一氏は、「お金持ちの教科書」や「お金持ちはなぜ『教養』を必死に学ぶのか」等といったお金持ち本を多数執筆されています。 歴史は繰り返す …