【書評】DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール

投稿日:

ビル・パーキンス氏の著書「DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール」を読みました。

はっきり言って、今年読んだ中で最もオススメ。家族・知人にも是非とも進めたい本ですね。

それでは、主要ポイントです。

主要ポイント

・残念なことに、私たちは喜びを先送りしすぎている。手遅れになるまでやりたい事を我慢し、ただただ金を節約する。人生が無限に続くかのような気持ちで。

・いつかは誰もが死ぬ。だからこそ、限られた時間の中で最大限に命を燃やす方法を考えなければならない。

・今しかできないことに金を使う。

・自分が何をすれば幸せになるかを知り、その経験に惜しまず金を使うこと。

・重要なのは、流されて生きるのではなく、自分にとって大切な経験を意識的に選び、そこに惜しみなく金を使うことである。

・ヘルスなくしてウェルスなし。

人生の充実度を高めるのは「その時々に相ふさわしい経験」なのだ。時間と金という限りある資源を、いつ、何に使うか。

・人生は経験の合計値。

・人生で一番大切な仕事は「思い出づくり」。

・危機が迫った瞬間、人は本能的に、金で買い直せるモノではなく、失われたら二度と取り戻せない思い出の品を守ろうとする。

・とにかく早い段階で経験に投資すべきだ。そうすれば、年齢を重ねるほどに驚くほど多くのリターンが得られる。

・親が財産を分け与えるのは、子供が26歳〜35歳の時が最善。

・あなたは子供の記憶の中で、どんな存在でいたいだろうか?子供と一緒にどんな経験をしたいか、と言い換えてもいい。

・金は稼いでいても、一緒に時間を過ごせず、経験も共有できないのなら、それはむしろ子供に大切なものを与えているのではなく、奪っていることになる。

・まだ健康で体力があるうちに、金を使ったほうがいい。金から価値を引き出す能力は、年齢と共に低下していくのだ。

・「金」「健康」「時間」のバランスが人生の満足度を高める。

・死ぬ前に後悔することトップ2

①勇気を出して、もっと自分に忠実に生きればよかった

②働きすぎなかったらよかった

・人は終わりを意識すると、その時間をさいだいげんに活用しようとする意欲が高まる。

・「タイムバケット」で後悔しない人生をつくる。

・死ぬまでに必要な金=(1年間の生活費)×(人生の残りの年数)×0.7

所感

久しぶりにガツンとやられた本でした。

何のために生きているのか。それは充実した豊かな人生を生きるため。

今後、何度も読み返す本になりそうです。

子供にも時期を見て贈りたい1冊となりました。

皆さんも是非読んでみてください。

p.s.

もうこちらの登録は済みましたか?

今なら無料レポート「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」をもらう事ができます。

銘柄選びの参考になりますよ。

p.p.s

短期的な株価上昇を狙う投資をしたい方はこちらがおすすめ。

今、仕込んで2〜3年後に株価10倍が狙える日本人が知らない3つの米国株

のレポートを今なら無料でゲットする事ができます。

-

執筆者:

関連記事

【書評】イノベーションと企業家精神/ドラッカー氏を読了!

P.F.ドラッカー氏の著書「イノベーションと企業家精神」を読みました。 ドラッカー名著集(5) イノベーションと企業家精神 [ ピーター・ファーディナンド・ドラッカー ] created by&nbs …

【書評】CHANCE(チャンス) / 犬飼ターボ氏

犬飼ターボ氏の著書「CHANCE(チャンス) 成功者がくれた運命の鍵」を読みました。 いわゆる成功小説なのですが、ストーリーもわかりやすく、かつ「人生の成功」において必要なエッセンスが盛りだくさんでし …

【書評】ビジネスエリートになるための教養としての投資/奥野一成氏を読了!

奥野一成氏の著書「ビジネスエリートになるための教養としての投資」を読みました。 ビジネスエリートになるための 教養としての投資【電子書籍】[ 奥野一成 ] created by Rinker …

【書評】世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか?を読了!

戸塚隆将氏の著書「世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか?」を読みました。 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか? ゴールドマンサックス・マッキンゼー・ハーバードビジネススクール …

【書評】「バカでも稼げる米国株高配当投資/バフェット太郎」を読了!

日本一アンチの多い米国株ブロガー バフェット太郎さんの書籍、 「バカでも稼げる米国株高配当投資」を読みました。 バフェット太郎さんのブログで告知されていたので、発売日が楽しみで仕方がありませんでした。 …