【書評】お金は「歴史」で儲けなさい を読了!

投稿日:

加谷珪一氏の著書「お金は「歴史」で儲けなさい」を読みました。

加谷珪一氏は、「お金持ちの教科書」や「お金持ちはなぜ『教養』を必死に学ぶのか」等といったお金持ち本を多数執筆されています。

歴史は繰り返す、とは良くいうものですが、お金儲けに関しても同じ事が言えるのですね。

ちなみに本書の冒頭には、鉄血宰相と呼ばれたドイツ帝国初代宰相 オットー・フォン・ビスマルク(1815年-1898年)の名言が記載されています。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。」

う〜ん。。。考えさせられる名言ですね。

ちなみにこちらは、一部意訳されているようですね。

正しくは、

「愚者は自分の経験に学ぶと言う、私はむしろ他人の経験に学ぶのを好む。」

「Fools say they learn from experience; I prefer to learn from the experience of others.」

が直訳のようです。

「歴史」とは「他社の経験」を意味しているのですね。

主要ポイント

・投資で重要なのは、株価よりも時間

・130年チャートで示した長期的なトレンドを見れば、ひとつの流れは15年から20年継続する

・経済は進歩しない、循環する

・米国は先進国で唯一、人口が増え続ける

・現在約77億人の世界人口は、2050年には97億人になり、2100年には110億人に達する見込み

・米国は現在、3.3億人ほどの人口がありますが、米国の人口は今後も増え続けると予想されていて、2100年には4.6億人に達する見込み

・ある程度の基礎体力があり、グローバルに展開している、あるいは需要が減らない商品を扱っている企業の株を買えば、スタグフレーションから資産を防衛することは可能

・バブルが崩壊する水準というのは、ほぼ一致している。総融資残高がGDPの1.5倍から1.6倍になってくると危ない

・イノベーションはバブルを伴う

・株価は未来の利益を先取りしている

・技術は熱狂と幻滅を経て普及する

・テクノロジーバブルに投資をするタイミングは2つ、1つはブームがやってくる前の黎明期、もう1つはピークが去って皆が悲観的になっている幻滅期

・ある技術を有望と判断した時には、少なくとも市場シェア10%台のタイミングを狙い、思い切って投資をするのがもっとも合理的

所感

日米英の金融・経済における130年分のデータに基づき、歴史から現在を解説し、未来を予測している本書は非常に勉強になりました。

具体的な数字を用いて書かれおり、納得感が持てます。

歴史を理解した上で、将来を予測し、投資をする。

今後も何度か読み返したい、良書です。

-

執筆者:

関連記事

【書評】投資バカの思考法

藤野英人氏の著書「投資バカの思考法」を読みました。 藤野英人氏はひふみ投信で有名なレオス・キャピタルワークスの社長ですね。 ずっと氏の本を読んでみたいと思っており、年末年始の時間を利用して初めて読んで …

道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔

道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔を読みました。 道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔 [ 佐々木 亨 ] created by Rinker Amazon 楽天市場 初登板初勝利を上げた日か …

【書評】マネーロンダリング/タックスへイヴンを読了!

橘玲氏の著書「マネーロンダリング」「タックスへイヴン」を読みました。 マネーロンダリング (幻冬舎文庫) [ 橘玲 ] created by Rinker Amazon 楽天市場 【中古】 …

【書評】ビジネスエリートになるための教養としての投資/奥野一成氏を読了!

奥野一成氏の著書「ビジネスエリートになるための教養としての投資」を読みました。 ビジネスエリートになるための 教養としての投資【電子書籍】[ 奥野一成 ] created by Rinker …

【書評】「千年投資の公理」を読了!

前から気になっていた「千年投資の公理-売られ過ぎの優良企業を買う-」を読みました。 千年投資の公理 売られ過ぎの優良企業を買う (ウィザードブックシリーズ) [ パット・ドーシー ] created …