【書評】投資で一番大切な20の教え/ハワード・マークス氏を読了!

投稿日:

ハワード・マークス氏の著書「投資で一番大切な20の教え」を読みました。

ハワード・マークス氏はオークツリー・キャピタル・マネジメントの創業者です。

有名なバフェット氏が、バークシャーハザウェイの株主総会で、本書を配布したというのは有名な話です。

それでは、主要ポイントです。

主要ポイント

・非効率性は素晴らしい投資パフォーマンスの必要条件。

・投資の世界でもっとも重要な学問は会計学でも経済学でもなく、心理学である。

・将来の価格変動は、投資したいと思う人がこの先増えるか減るかで決まる。

・投資をひとことで言い表すとすれば、「未来に対処すること」である。

・「リスク」とは何よりもまず、資金を失う可能性のことである。

・要するに、人はいつも未来が過去と同じなるようになると見込み、変化が生じる可能性を軽視するのだ。

・投資リスクは、最もリスクがないと思われているところで最も高くなっている。

・誰もが高リスクと考えている資産の価格はたいてい、不人気のせいでまったく危険ではない水準まで低下する。否定的な見方が広がれば、それは最もリスクの低い資産になりうる。価格に楽観的な材料が何ひとつ織り込まれていないからだ。

・すぐれた投資家はリターンを生み出す能力と少なくとも同じぐらい、リスクをコントロールする能力を持っているという点で卓越している。

・ほとんどすべてのものにはサイクルがある。

・強気相場の三段階のプロセス。

  • ①先見の明がある一握りの人が、状況が良くなると考え始める
  • ②次に、多くの投資家が実際に状況が良くなっていることに気づく
  • ③最後に、すべての人が状況が永遠に良くなり続けると思い込む

・賢明な人が最初にやること、それは愚か者が最後にやること

・振り子は一端に向かって揺れつづけたり、一端にずっととどまったりすることはできない。

・実際の振り子のように、投資家心理が極端な方向に振れると、反対側への揺り戻しを後押しするエネルギーが生じる。

・自己欺瞞ほど安易な道はない。そうあって欲しいと願うことを真実だと思い込めるのだから。

・究極的に最も儲かる投資行動は、文字通り「逆張り」することだ。周りがみな売っているときに買い、周りがみな売っているとくに売るのである。

・損失を回避することが自ずと全体の収益率を高める。

・前述したように、投資とはまさしく「未来に対処すること」だ。投資を行うには、未来の状況がどうなるのか、という点について見通しを持っていなければならない。

・投資を成功させるためのカギは観察と学習にある。

・資金調達が容易すぎると、カネは間違ったところへと流入する。

・投資可能な資金の需給バランスや投資意欲がどうなっているのか、身の回りにつねに注意を向けよ。

・投資家は、買いを検討している資産にどれだけの本質的価値があるのか、しっかりと把握しなければならない。

所感

本書はいわゆる、読んですぐに儲かるものではありません。

がゆえに、時間がたっても変わらない原理原則が書かれており、今後も何度も読みたい名著です。

ハワード・マークス氏の他の著書も読んでみたいと思います。

p.s.

もうこちらの登録は済みましたか?

今なら無料レポート「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」をもらう事ができます。

銘柄選びの参考になりますよ。

p.p.s

米国株投資専門の月刊誌「Oxfordインカム・レター」が今なら30日間お試しができます。

配当による収入(インカムゲイン)だけで生活できるようになる」をコンセプトに良質な米国株情報を提供してくれますよ。

私も現在購読中です。

申し込みから30日間、無条件返金保証が付いているので安心してお試しが可能です。

-

執筆者:

関連記事

【書評】たった1年で人生が劇的に変わるポータルサイトビジネスを読了!

数年前から情報を追っている深井良祐さんの著書「たった1年で人生が劇的に変わるポータルサイトビジネス〜誰でもできる不労所得の作り方〜」を読みました。 たった1年で人生が劇的に変わるポータルサイトビジネス …

【書評】世界のお金持ちが実践するお金の増やし方/高橋ダン氏

高橋ダン氏の著書「世界のお金持ちが実践するお金の増やし方」を読みました。 高橋ダン氏は、ウォールストリートでバリバリ働いていた金融マンで、アメリカ・日本の経済を中心にYoutubeでわかりやすく解説し …

【書評】お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方を読了!

橘玲氏の著書「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方-知的人生設計のすすめ-」を読みました。 橘玲氏は、「マネーロンダリング」や「タックスヘイブン」等といった金融小説も有名ですよね。 新版 お金持ちになれ …

【書評】お金は「歴史」で儲けなさい を読了!

加谷珪一氏の著書「お金は「歴史」で儲けなさい」を読みました。 加谷珪一氏は、「お金持ちの教科書」や「お金持ちはなぜ『教養』を必死に学ぶのか」等といったお金持ち本を多数執筆されています。 歴史は繰り返す …

【書評】金のなる人 お金をどんどん働かせ資産を増やす生き方を読了!

成毛眞氏の著書「金のなる人 お金をどんどん働かせ資産を増やす生き方」を読みました。 成毛眞氏は日本マイクロソフトの元代表取締役社長をお務めになった事で有名ですよね。 そんな著者が人生の自分らしく生きる …