【書評】初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略 を読了!

投稿日:

山本潤氏の著書「初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略」を読みました。

日本株の話ではありますが、今後のポートフォリオを考える上で非常に参考になりました。

それでは早速主要ポイントです。

主要ポイント

・投資家には、確固たる投資哲学が必要。

・チェックしている1次情報は、企業が発表する適時開示情報です。主には有価証券報告書、決算短信、特許情報です。

・投資とは、例外を見出すこと。

・本質的な議論とは、その企業が将来、人類に何をもたらすのか。社会的課題をどう解決してくれるのかという問題です。

・リスクとリターンとの関係を良化させる方法は、世の中で2つだけです。1つはポートフォリオで運用すること、もう1つは長期で運用すること。

・ポートフォリオ運用とは、多様性が豊かな銘柄群により構成されたるバランスの良い分散投資です。分散投資とは、銘柄数で少なくとも4銘柄以上、できれば10銘柄以上が望ましい。

・業績をバランス良く、かつ内需株/外需株をバランス良く選ぶ。

所感

良書でした。

非常に具体的な手法まで記載があり、ネタバレとなるため記載致しませんでしたが、初心者にもわかりやすく書かれており、非常に読みやすかったです。

現在は米国株中心のポートフォリオですが、少し日本株も取り入れていく事も検討したいと思います。

p.s.

もうこちらの登録は済みましたか?

今なら無料レポート「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」をもらう事ができます。

銘柄選びの参考になりますよ。

p.p.s

米国株投資専門の月刊誌「Oxfordインカム・レター」が今なら30日間お試しができます。

配当による収入(インカムゲイン)だけで生活できるようになる」をコンセプトに良質な米国株情報を提供してくれますよ。

私も現在購読中です。

申し込みから30日間、無条件返金保証が付いているので安心してお試しが可能です。

-

執筆者:

関連記事

【書評】「千年投資の公理」を読了!

前から気になっていた「千年投資の公理-売られ過ぎの優良企業を買う-」を読みました。 千年投資の公理 売られ過ぎの優良企業を買う (ウィザードブックシリーズ) [ パット・ドーシー ] created …

【書評】DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール

ビル・パーキンス氏の著書「DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール」を読みました。 DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール【電子書籍】[ ビル・パーキンス …

【書評】投資バカの思考法

藤野英人氏の著書「投資バカの思考法」を読みました。 藤野英人氏はひふみ投信で有名なレオス・キャピタルワークスの社長ですね。 ずっと氏の本を読んでみたいと思っており、年末年始の時間を利用して初めて読んで …

【書評】嫌われる勇気-自己啓発の源流「アドラー」の教え-

岸見一郎氏/古賀史健氏の著書「嫌われる勇気-自己啓発の源流「アドラー」の教え-」を読みました。 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え [ 岸見一郎 ] created by Rin …

証券会社がひた隠す米国債投資法 35歳から米国ゼロクーポン債を始めよう

元ゴールドマン・サックス証券 マネージングディレクターが明かす 証券会社がひた隠す米国債投資法を読みました。 証券会社がひた隠す 米国債投資法【電子書籍】[ 杉山暢達 ] created by&nbs …