1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教えを読了!

投稿日:

エリック・シュミット、ジョナサン・ローゼンバーグ、アラン・イーグルの3者による著書「1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え」を読みました。

エリック・シュミットは、ご存知Google【ティッカー:GOOGL】の元CEOです。

本書はアップル共同創業者のスティーブ・ジョブズ、グーグル共同創業者のラリー・ペイジ、そしてGoogle元CEOのエリック・シュミット等、シリコンバレーの巨人達を影で支えた、ビル・キャンベル氏の教えをまとめた本です。

ビル・キャンベル氏は、2016年にがんで亡くなっていますが、同氏がシリコンバレーに残した教えを絶やさ無いよう、執筆されたのが本書です。

それでは早速主要ポイントです。

主要ポイント

・マネジャーは肩書きがつくる。リーダーは人がつくる。

・オペレーショナルエクセレンス(現場の業務遂行力が競争上の優位性を持つレベルにまで高められている状態)の実現を第一に考えなくてはならない。

・人が全て。

・どんな会社の成功を支えるのも、人だ。

・マネジャーは「支援」「敬意」「信頼」を通じて、(部下が持てるエネルギーを解放し、増幅できる)環境を生み出すべき。

・コミュニケーションが会社の命運を握る。

・チームメンバーの連帯感を生み出し、高めるために、旅の報告など仕事以外のプライベートな話題からスタッフミーティングを始めよ。

・コンセンサスは「クソくらえ」

・マネジャーの仕事は議論に決着をつけることと、部下をよりよい人間にすること。

・会社の存在意義は、プロダクトのビジョンを実現することにこそある。

・業務報告では「ハイライト(うまくいったことや満足できること)」と「ローライト(うまくいかなかったこと)」を含める。

・(取締役にふさわしい人は)会社のことを心から気にかけ、聡明で、事業に関する専門的知見を持ち、CEOに協力し支援したいと本心から思っている人物。

・最高のチームとは「心理的安全性が最も高いチーム」。その出発点となるのが、信頼である。

・ビルが求めたコーチャブルな資質とは、「正直さ」と「謙虚さ」、「あきらめず努力を厭わ無い姿勢」、「つねに学ぼうとする意欲」である。

・人はありのままの自分でいられるとき、そして全人格をかけて仕事をするとき、最もよい仕事ができる。

・誰が問題に当たっているのか?適切なチームが適所に配置されているか?彼らが成功するために、必要なものはそろっているか?

・ビルは4つの資質を人に求めた。「知性」「勤勉」「誠実」「グリット(打ちのめされても立ち上がり、再びトライする情熱と根気強さ)」

・大事なのはそれまでやってきたことでも、これからやろうとしていることでもなく、日々やっていること。

・人を大切にするには、人に関心を持たなくてはならない。プライベートな生活について尋ね、家族を理解し、大変なときには駆けつけよ。

・ビジョンは計算を超える。

・自分のために働いてくれた人や、自分がなんらかのかたちで助けた人のうち、優れたリーダーになった人は何人いるだろうと考える。それが自分の成功を測るものさしなのだ。

所感

シリコンバレー中のメンターであったビル・キャンベル氏。

氏が残した教えは、今でもシリコンバレーで受け継がれ、今後も引き継がれると思います。

本書を読んで感じた事は、ビル・キャンベル氏の「愛」です。

とにかく人を愛していた。

それは何も、相手がシリコンバレーの有名人だから、という理由ではありません。

相手が子供であれ、ビル・キャンベルは全力で立ち向かい、彼らの成長を心から応援していた。

その姿勢に感動を覚えました。

おすすめの1冊です。

p.s.

もうこちらの登録は済みましたか?

世界8ヶ国で展開し、米国株の一次情報を分かりやすく入手できるモトリーフールというメディアがあります。

アメリカの投資関連ウェブサイトランキングでは、ウォール・ストリート・ジャーナルに次いで、全米5位の投資情報メディアです。

今なら同社の無料メールマガジンに登録する事で、メルマガ会員限定の情報やスペシャルフリーレポートを閲覧する事が可能になりますよ。

※「モトリーフールってそもそも何?怪しくないの?」という方はまずはこちらの記事をご覧下さい。

【必読】米国株投資情報サイトならMotleyFool(モトリーフール)がおすすめ!

-

執筆者:

関連記事

【書評】「千年投資の公理」を読了!

前から気になっていた「千年投資の公理-売られ過ぎの優良企業を買う-」を読みました。 千年投資の公理 売られ過ぎの優良企業を買う (ウィザードブックシリーズ) [ パット・ドーシー ] created …

【書評】DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール

ビル・パーキンス氏の著書「DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール」を読みました。 DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール【電子書籍】[ ビル・パーキンス …

【書評】エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法

奥山月仁氏の著書「“普通の人”でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法」を読みました。 “普通の人”でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法 [ 奥 …

【書評】投資バカの思考法

藤野英人氏の著書「投資バカの思考法」を読みました。 藤野英人氏はひふみ投信で有名なレオス・キャピタルワークスの社長ですね。 ずっと氏の本を読んでみたいと思っており、年末年始の時間を利用して初めて読んで …

道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔

道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔を読みました。 道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔 [ 佐々木 亨 ] created by Rinker Amazon 楽天市場 初登板初勝利を上げた日か …